ホーム   »  2014年02月
Archive | 2014年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足湯最高!

寒い時は、暖かい足湯!

今回の行き先は何処でしょうか?

岐阜の車検場の横を通り行く先は・・・

PICT6183.jpg


長良川を渡ります。

PICT6186.jpg


揖斐川を渡って、堤防を北に向かいます。


PICT6189.jpg


付いた所は、去年の7月にオーンした池田温泉道の駅です。


PICT6208.jpg


バイク置き場に駐車して


PICT6202.jpg


今回の目的はここ!!


PICT6213.jpg


その前に店内を物色して・・・


PICT6203.jpg


PICT6204.jpg


PICT6205.jpg


その中でお気に入りはこれ!

PICT6207.jpg

なんと、屋外ストーブでLPGボンベが下に入っていて、傘の部分がバーナーに

なっていて、その下に居ると結構暖かい!! 感動しました!

本題に戻って、足湯の紹介です。

PICT6210.jpg

説明が看板に・・・・

PICT6212.jpg

お湯は綺麗です。

PICT6211.jpg

この足湯は、温泉をポンプで加熱し殺菌をして循環しているので、

温度もあまり高くないのでゆっくりと入っていられるます。

向かいには、立派な温泉がありますよ

PICT6214.jpg


池田温泉です。

実はこの上が池田山で昔、主任と会社の帰りにここまで遠征して、

池田山を夜走っていたのですが、もちろん車ですよ!変わるもので当時の

面影は無く(当然ですが可也の年月が経っている)解りませんでした。

走っていた時は、ダートで下りは100K位は直線で出ていました。

その時は、ダート車で車高も高く何処でも走れましたよ(雪道も最高)


昔からこんな感じで、これからもこのまま行くのでしょうか



次回は頂上まで走りに行きたいと思っています。

今回のプチ足湯ツーリングは、56.8kでした。

PICT6216.jpg

スポンサーサイト

真冬の長島スパーランド

途中までは、何時ものコースですが、今回はもう少し南下してみました。

東海大橋の愛知県側の堤防道路が通行止めの為に、東側の農道を走ります。

PICT6125.jpg

立田大橋を右折して橋の上まで来て見ると景色の好い事!

PICT6126.jpg


PICT6127.jpg


PICT6128.jpg


長島インターチェンジに向かう、木曽川と長良川の間の道を走って行くと


PICT6133.jpg

インターには行かずに、そのまま南下していきます。

PICT6135.jpg

1号線を超えて更に南下して行くと左側は堤防で景色は好くないですね

相棒が何時ものように背後から・・・・・・・HID  OK!

PICT6137.jpg

天気は好いのですが、真冬の雲ではない変な雲が立ち込めています。


PICT6141.jpg

長島スパーランが見えてきました。

PICT6145.jpg

更に大きくなって来ましたよ!

PICT6147.jpg

この寒さでは、誰も乗っていないようですね

バイクの服装で、ヘルメットを被ってなら大丈夫?????

この道路は、スパーランドを回って帰ることが出来る!

半島の先にスパーランドが立っているのです。

ここから帰路になるのですが、ハーレーの空燃比は完璧!


PICT6157.jpg

問題は、隣のタコメーター 

白内障で数字が見えん・・・

手術しないといけませんが交換したほうが好いのでは?


PICT6159.jpg


ジャズドリームがこんな所に有りました。

ハッキリ言って一度も来ていません・・・・

PICT6153.jpg


今度は、富士山が見えてきました?

夜にはLEDで綺麗かな、昼間見ると貧弱ですね


PICT6161.jpg

長良川河口堰です。


PICT6162.jpg


1号線に出たのですが、右折禁止!

PICT6163.jpg

橋を渡りきりUターンして、1号線から右折して千本松原?

ここも景色最高です。

PICT6167.jpg


PICT6168.jpg
PICT6169.jpg


PICT6170.jpg

こんな真冬のプチツーリングの走行距離は、79.8kmでした。

寒さは、装備で防げるので済んだ空気が最高の楽しみですかね?

でも最近は行ける所が制限されるので、同じ所ばかり走っているよな・・・・・

今度は目的を持って走りに行きますか!




プロフィール

原動機好き

Author:原動機好き
勢いで買ってしまった 初めてのハーレーダイナとこれからどう付き合ていくか、ハーレー乗りの常識とは別に、自分なりにテストした、データーを元に検証していきます。自分の好きな乗り方が出来るハーレーダイナを作ってみたいので、結果については、間違いもあると思いますので、参考程度にお考えください

最新記事
最新コメント
ランキングサイト
ランキングに参加しております よろしければ バナーをクリックしてください
フリーエリア
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。