ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  キャブ  »  ハーレーダイナ HSR42 キャブセッティング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーレーダイナ HSR42 キャブセッティング

前回のツーリングの前に、外気温の低下で空燃比が薄くなっていので

恒例の冬仕様でキャブ調整をしてみました。


クリーナーカバーを外します。


PICT4333.jpg


チョークワイヤーとステを外してキャブを引っ張ると簡単に

キャブが手前に出てきます この時、アクスルワイヤーを送る作業も同時におこないます。


PICT4339.jpg


JNの位置も変更するので、トップカバーを外して中を見てみましょう


PICT4345.jpg


もう少しアイドルアジャストスクリューを戻して、スロットルバルブを下げないと

JNが外せません!ニードルリテーナークリップのネジを外して、JNを取り出します。


PICT5824.jpg


夏仕様でJNのクリップ位置は、上から2段目で今回は、3段目にワッシャーを付けます。


次の作業は、PJを20から17.5に変更します。


PICT5825.jpg


PICT5826.jpg


キャブを元通りに組みなおして、完成です。

PJ交換は、前からアイドリング付近の空燃比が濃い状態なので

今回部品を取るついでに、購入しました。

車検の時に、ノーマルマフラーを取り付け調整しても、可なり濃く出て

排ガスの検査に通らず、2回目でOK・・・・ 合格すれば問題なしですが?


この変更で、永源寺にツーリングに行った時の空燃費比はこの状態でした。


PICT5842.jpg


ベスト空燃比でしょ!!!!

この時の外気温は、8度 寒いですね・・・・・


PICT5858.jpg


これ以上気温が下がると、もう一度調整が必要かな?

バイクに乗る限界温度は果たして何度でしょうか


スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

原動機好き

Author:原動機好き
勢いで買ってしまった 初めてのハーレーダイナとこれからどう付き合ていくか、ハーレー乗りの常識とは別に、自分なりにテストした、データーを元に検証していきます。自分の好きな乗り方が出来るハーレーダイナを作ってみたいので、結果については、間違いもあると思いますので、参考程度にお考えください

最新記事
最新コメント
ランキングサイト
ランキングに参加しております よろしければ バナーをクリックしてください
フリーエリア
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。