ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  空燃比  »  ハーレー マフラー交換で変わる 空燃比!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーレー マフラー交換で変わる 空燃比!!!

ダイナFXDC1450 ノーマルキャブ仕様で、マフラーを交換した時に、変わる空燃比を紹介します。

データーロガーを使って、3タイプのマフラーを交換して採ったデーターです。
1、日本仕様 ノーマル ダイナ
2、北米仕様ボブ
3、北米仕様ダイナ仕切り板に20パイの穴開き

このデーターは、同じ条件ではありません、バイク及び気温によっても違いますので、
このデーターがすべて正しいと考えずに参考として下さい。
グラフは、縦、横、共に、回転数の表示で数字が空燃比になります。
表示している数字は、数回走行したデーターの平均値です。

空燃比とは!

混合気中の酸素と燃料が、過不足なく反応する時の空燃比を理論空燃比という。例えば、エタノールを含有しないガソリン1gの燃焼には空気14.7gが必要であり、ガソリンにおける理論空燃比は14.7となる[1]。理論空燃比よりも濃い混合気(14.7よりも数字が小さくなる)の状態を混合気がリッチであるといい、薄い状態をリーン(14.5より数字が大きくなる)であるという。理論空燃比のことをストイキオメトリー(ストイキ)ともいう。

14.7より大きい数字 15 16 17になると薄い状態で
14.7より小さい数字 13 12 11 10になると濃い状態を表します。

1、純正日本仕様  ノーマルマフラー

ノーマル201110041808155e4

2、北米仕様 ボブ 穴無し(無加工)

北米穴無し201110041835329a7

3、北米仕様 ダイナ仕切り板に20パイ穴あり(爆音!)

北米穴あり20111002124555031

1、日本仕様  ノーマルマフラー
中間で薄くなり、高回転で濃い状態になっています。

2、北米仕様  ボブ 穴無し(無加工)
ノーマルとは、違い回転の上昇で空燃比が濃くなっていきます。

3、北米仕様 ダイナ 仕切り板20パイ穴あり(爆音?)
流石に爆音で抜けが良いのでしょう
理論空燃比に近い状態ですね

*理論空燃比状態では、高出力時には発生する熱量そのものも膨大となり、シリンダー、
シリンダヘッド内壁面や、バルブシートその他からの放熱だけでは間に合わなくなる。
結果として、主に排気バルブやピストンの溶損等を生じる時があります。

貴方のバイクはこんな症状になっていませんか

*理論空燃比のまま回転数を上昇させると、たとえ点火時期を早めても排気バルブの開弁後かなりの
時間にわたり燃焼が終了せず、アフターファイアーを生ずる。
*(アフターファイヤーは、エンジンの燃焼に異常が発生し、未燃焼ガスがエンジンを出た後に、
排気管内もしくは出口後で燃焼する現象)

*この症状のハーレーは、高回転での使用は危険で
キャブ調整の必要があると思います。


以上の事から、2、北米仕様  穴無し(無加工)がノーマルキャブレターに
最適ではないかと思いますが、個人の見解で参考のみとして下さい。



スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

原動機好き

Author:原動機好き
勢いで買ってしまった 初めてのハーレーダイナとこれからどう付き合ていくか、ハーレー乗りの常識とは別に、自分なりにテストした、データーを元に検証していきます。自分の好きな乗り方が出来るハーレーダイナを作ってみたいので、結果については、間違いもあると思いますので、参考程度にお考えください

最新記事
最新コメント
ランキングサイト
ランキングに参加しております よろしければ バナーをクリックしてください
フリーエリア
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。