ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  V-UP16 電気系  »  HSR42取り付け準備

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HSR42取り付け準備

前回購入したHSR42に使うクリーナーもそのまま使うには
納得いかない部分が有るので加工します。


DSC1454.jpg


見た感じは綺麗でしょう! 気に入っていたのですが
エレメントの部分を見てみるとなんか変な作り


DSC1457.jpg


エレメントのみのタイプは、雨が降ったときにまともに
水分が(霧吹き状態)気になるので、カバー付きに決めてみたものの、
この隙間でエアーをうまく吸えるの?

せめてカバーとの間に適切な隙間は要るだろう!(安いからしょうがない)

仕方が無い納得出きる様に加工するか!



DSCF1604.jpg


エレメントのスポンジと金具の隙間が、何とこんなに開いている
純正とスポーツクリーナーは当然ごみが入る確立は、スポーツクリーナーの
勝ち、と結う事はホコリを吸ってしまう訳、

当然エンジンの中に入る!
それと引き換えにエンジンパワーが手に入るとしたら?

実際のところ車のクリーナーもスポンジタイプとK&Nタイプが有って
スポンジタイプを長く使っていたエンジンは、インテークパイプの
ブローバイガスが戻る部分に、オイルと混ざったホコリがペースト状になって
特にジャバラ部分にはたっぷり溜まって、更にGTRなんかだとタービンの
インテーク側の羽に付いて黒く汚れていますね!

K&Nはフィルター部分にオイルを付ける構造なのでかなり少ない
エンジンを長持ちさせるには、やはり純正が一番かな!


そんなデメリットも気にせずに少しでも改善出きる様に
気になる部分を加工しますよ!

フィルターの金具も少し大きいので加工します。


DSCF1606.jpg



保護用の縁についているゴムにも隙間が



DSCF1612.jpg


カットして作り直す事にします。



DSCF1613.jpg


間隔も計算どおりです。


DSCF1616.jpg



ゴムも取り付けて


DSCF1619.jpg


今度はフィルターのスポンジの加工です。



スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

原動機好き

Author:原動機好き
勢いで買ってしまった 初めてのハーレーダイナとこれからどう付き合ていくか、ハーレー乗りの常識とは別に、自分なりにテストした、データーを元に検証していきます。自分の好きな乗り方が出来るハーレーダイナを作ってみたいので、結果については、間違いもあると思いますので、参考程度にお考えください

最新記事
最新コメント
ランキングサイト
ランキングに参加しております よろしければ バナーをクリックしてください
フリーエリア
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。