ホーム   »  V-UP16 電気系  »  データーロガーでV-UP16を調べてみると

データーロガーでV-UP16を調べてみると

V-UP16がどれだけ効果が有るか調べてみる事にします。
方法は、オシロスコープを使って調べる事にしました。


DSCF1589.jpg


結果は,イグニッション供給側とイグニション出力側共に電圧に1割アップの
確認が取れました、ハーレーは大排気量でトルクも大きく低回転での効果は
解りにくいのですが、2000回転付近からリミッターの5500rpmまで
ストレス無く回ってくれます。(ハーレーのリミッターが5500rpmとは
思っていなかったので、ハッキリいって不満ですね!)


プラグも買った時に確認した時と同じでよく焼けた状態でした。


DSCF1600.jpg



7番でリミッターが5500rpmプラグの焼けが真っ白
かなりガソリンが薄い状態が確認できます。車と同じ考えでしょうか

触媒付きマフラーの為インジェクション車と同じ位?


車検が10月に入ったら取れるので、早々に済ませて待ちに待った
キャブ交換をしてみたいと思っています。

キャブ調整とV-UP16でかなりパワーアップ期待できそうです!

当然リミッターまで綺麗に回るトルクフルな作りをしてみます。
(早く車検済まさないと、勿論ユーザー車検ですよ!)




スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

原動機好き

Author:原動機好き
勢いで買ってしまった 初めてのハーレーダイナとこれからどう付き合ていくか、ハーレー乗りの常識とは別に、自分なりにテストした、データーを元に検証していきます。自分の好きな乗り方が出来るハーレーダイナを作ってみたいので、結果については、間違いもあると思いますので、参考程度にお考えください

最新記事
最新コメント
ランキングサイト
ランキングに参加しております よろしければ バナーをクリックしてください
フリーエリア
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR