ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  V-UP16 電気系  »  HSR42キャブレターのジェト交換後の空燃比

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HSR42キャブレターのジェト交換後の空燃比

キャブレターのジェット交換をして、データーが録るれてなかったので木曜日に
データー録りにツーリングを兼ねて琵琶湖まで行ってきました。

天気も良く気持ちのいい1日でした。(風がかなり強いですがね)


ジェット交換でどう変わるのでしょう?


メイン160番 パイロット25番 ポンプノズル70番のアベレージです。


LM空H42アベレージM160P25AP70


ジェット交換をして、メイン155番 パイロット20番 ポンプノズル60番では


LM2空燃比アベレージM大M155P20AP60


条件が同じではないのですが、確実に燃料は絞れているのが確認できました。
走りは、ジェット交換後の方が、高回転まで(リミッター5500rpmです。)
軽くエンジンが回ってくれますが、まだ調整が必要ですね。


アクセル開度を確認できるように、スロットルセンサーを付けたいのですが
取り付けるにはキャブレターに加工が必要です。 アルゴン溶接すれば簡単ですが
歪が心配なので、別の方法を考えています。

ツーリングの写真は、後日掲載します。


インジェクションなら簡単にパソコンで調整出来るのですがキャブは
面倒ですね、自分はキャブが1個でも面倒と思っているのですが、
4連キャブの調整を楽しいと言われる 変体おやじさんには脱帽です!!



実はハーレーが済んだら、旧車のバイクをインジェクションで走らせてみたいと
思っています、バイクは以前乗っていたCB750FCも候補に入っています。
どんなバイクをインジェクションに改造したら面白いのでしょうかね??

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

原動機好き

Author:原動機好き
勢いで買ってしまった 初めてのハーレーダイナとこれからどう付き合ていくか、ハーレー乗りの常識とは別に、自分なりにテストした、データーを元に検証していきます。自分の好きな乗り方が出来るハーレーダイナを作ってみたいので、結果については、間違いもあると思いますので、参考程度にお考えください

最新記事
最新コメント
ランキングサイト
ランキングに参加しております よろしければ バナーをクリックしてください
フリーエリア
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。