ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  V-UP16 電気系  »  外気温で変わる空燃比

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外気温で変わる空燃比

本年もよろしくお願いします。

走り収めと、グリップヒーターのテストで走り回った時に気になっていた

空燃比がかなり薄くなっていたので、正月休みに調整する事にしました。

気になっていた調整前の空燃比の平均値の表です。


無題12-29一定走行


JNの位置を燃料が濃くなるように一段下げてみます。

キャブを外します。


PICT4342.jpg


この位置まで出さないとJNは外せません

チークワイヤーを外し、バキュームホースを外しスロットルケーブルを

押し込みながら、慣れれば簡単です。(キャブ一個でよかった!)


PICT4344.jpg


蓋を外して、奥の方に見えていますね!

ストッパーのねじを外しプレートを取り出します。

JNのクリップを中央から一段下げて燃料が濃くなる様に組みます。


PICT4348.jpg


ワッシャーを落とさないように、グリス使うつもりが、無かったので、何とチェンスプレーを使い

貼り付けて、狭い見えにくい奥に、JNを戻していきます。

組みあがったのでテストに行きましょうか!!



走って行くと、なんだか奇妙な物体が前方に走っています。

追い抜いて記念撮影をしてみると?


PICT4350.jpg


カッコいいですね! 名前が解りません?


本題に戻って、JN交換後の空燃比は変わりました!!(当然ですが)



無題1-2加速


100rpmから3000rpmの間で特に2000rpm前後が燃料が

薄く気になっていましたが、理論空燃比付近でツーリングの燃費も良いのでは?

調整前のプラグの焼けはかなり焼けすぎ?燃料が薄い!


PICT4349.jpg


この状態で、加速などなにも不満はありませんがもう少し

探ってみてもいいような気もします?


スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

原動機好き

Author:原動機好き
勢いで買ってしまった 初めてのハーレーダイナとこれからどう付き合ていくか、ハーレー乗りの常識とは別に、自分なりにテストした、データーを元に検証していきます。自分の好きな乗り方が出来るハーレーダイナを作ってみたいので、結果については、間違いもあると思いますので、参考程度にお考えください

最新記事
最新コメント
ランキングサイト
ランキングに参加しております よろしければ バナーをクリックしてください
フリーエリア
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。